• SGA

定期点検の意味

最終更新: 7月27日



先日、ノバラの家の一年点検に行って参りました。





これまで、浄化槽の不調など緊急の点検に行くことはありましたが、今回は一年点検に行って参りました。





定期点検にはふたつの意味があると思っています。






「住まい手の方が永続的に快適に住まわれるため」





「住宅を提供するつくり手としての検証」






どちらも大切で、両者が幸せにはなれません。





われわれの成長がないと言っても過言ではありませんね。







さて、内容ですが・・・






良くあるのは、クロスのコーキングが切れてしまう現象です。






下地の木材の収縮、糊が引っ張ったりして起こるもので1~3年の間に良く出てきます。




















こういう自分で出来るところは自分で補修してきます。
























他によくあるのは建具の調整です。






自分でできるところは自分でしますが、出来ないところは建具屋さんに別途行ってもらいます。





今回あったのが、屋根の谷を流れる雨水の勢いがすごくて軒樋を飛び越してしまう現象でした。



















この箇所です。




こういうところには、受けをつくります。
























こういうあらかじめ作ったところは大丈夫でした。









その他様々なお話をさせて頂きました。




お客様にお会いして気づくことはたくさんあります。









熊本の注文住宅はseedsgrowtharchitectへ|パッシブデザインによる設計で冬は暖か、夏は涼しい家を実現。高断熱・高気密住宅は注文住宅ならでは|当工務店が手の届く価格で実現致します|シーズグロースアーキテクトの家は①耐震等級3以上②断熱等級4が標準仕様、一棟一棟丁寧に作ります、是非お任せ下さい。




0回の閲覧

シーズグロースアーキテクト株式会社

〒861-0132  熊本市北区植木町植木163-1植木Hビル1階

TEL 096-245-6020  info@seedsgrowth-archi.com

2017 Seeds Growth Architect Co., Ltd. All Rights Reserved.

SNSでも情報発信中です!

熊本の注文住宅はseedsgrowtharchitectへ|パッシブデザインによる設計で冬は暖か、夏は涼しい家を実現。高断熱・高気密住宅は注文住宅ならでは|当工務店が手の届く価格で実現致します|シーズグロースアーキテクトの家は①耐震等級3以上②断熱等級4が標準仕様、一棟一棟丁寧に作ります、是非お任せ下さい